忍者ブログ
Admin / Write / Res
バーチャルユニットPiatto公式ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
Piatto(ピアット)はイタリア語でお皿。
どんな料理にもお皿は必要なもので、お皿という演出があって料理はさらに輝きます。
「みんなに、もっと楽しくセカンドライフを過ごしてもらえるような演出者になりたい…」
そんな願いを込めて、ユニット名をPiattoと名付けました。
'Piatto' is a Virtual Idol in SL whose being produced by M2J Production.
Piatto means 'dish' in
Italian.
All food needs a dish, and a dish makes food more
delicious!
We want to make people to enjoy Second Life more with us on stage...
And with this wish.
ブログ内検索
QRコード
[403]  [404]  [405]  [406]  [407]  [408]  [409]  [410]  [411]  [412]  [413
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

140幅ポスター


恒例の夏のお楽しみ!「セカコレ2009」今年も開催
公式サイトから引用させていただきます。

ファッションと音楽のコラボレーションイベント「セカコレ」が、今年も
7月25日(土)・26日(日)の2日間に渡って開催される。

2007年春に始まり過去3回開催されてきた「セカコレ」。
2回目(2007年夏)からは、セカンドライフの夏の恒例イベントとして広く知られている。
3年目・計4回目の開催となる今回、「セカコレ2009」のコンセプトは
「とにかく楽しい!SLって楽しい!」。
ファッションクリエイター・アーティスト・モデル・スタッフの一致協力のもと、
セカンドライフ初心者から数々のイベントを経験したベテランまであらゆる人が
本当に楽しめるイベントを目指すという。
各ブランドが「セカコレ」に合わせて制作した新作水着を人気アーティストの曲に
のせて披露するという好評を博した前回のスタイルはそのまま踏襲しつつ、
一方でクリエイター・アーティスト・モデルともに今回初参加の顔ぶれを
多数加えて新しい風を吹き込む。

7月25日は19:00開場・22:30終了、7月26日は19:00開場・23:00終了の予定。
会場はKourinbouの特設ステージ、客席は隣接するKanazawaSLingに設置される。
当日は、SLTVの中継により会場外からもweb経由でイベントの様子を楽しめるという。
【MC】
西ヒロト

【website】
公式サイトでは参加モデルの紹介や、運営の舞台裏も公開されている。
セカコレ2009
http://slingweb.jp/sl-colle/

動画生中継のURLはこちら
Second Life TV
http://secondlifetv.jp/
SLTVでは、サイトトップにある動画を再生するとセカコレがweb上で楽しめます。


sl-colle2009トレイラー映像
製作:Akira Balogh,tadakuma Koba



---記------------------------------------------------

開催日 7月25日(土),7月26日(日)

時 間 19時開場,20時55分スタート(両日とも)

場 所 http://slurl.com/secondlife/KanazawaSLing/201/66/3529

※事前配布したポスターからは、地上のテレポーターからお越しください。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
Tewtter
Blog新着情報
COMENT
[02/12 Tukasa Winslet]
[04/13 サブロウ]
[04/02 akihiro]
[03/23 Orie]
[03/23 おは]
Copyright ©  ❤Piatto Blog❤ All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]